事務所・報告事項

住所〒158-0082 東京都世田谷区等々力5-4-2-602
TEL/FAX03-3702-1819

身近な区政レポート


☆たばこマナーの向上に向けて

                   「世田谷たばこルール」がスタートします。

  1. 区内全域の道路、公園(身近な広場を含む)では、指定喫煙場所を除き喫煙をしてはならないものとします。

  2. 道路公園以外の屋外で喫煙する場合には、公共の場所にいる区民等へのたばこの煙による迷惑防止に配慮することとします。

  3. 区内全域で喫煙禁止である道路、公園、それ以外の屋外の公共の場所及公開空地(日常一般に開放され、歩行者が自由に通行し、又は利用することが出来る敷地)においても、歩きたばこ(自転車乗車中も含む)はしないよう努めるものとします。

  4. 事業者は、公共の場所にいる区民等へのたばこの煙による迷惑防止を図るため、その有する敷地内において、灰皿の撤去、移設、適切な喫煙場所の確保等の環境整備、ルール周知の協力に努めるものとします。

  5. 区は、道路、公園、公共のn場所等に指定喫煙場所を整備するとともに、要件を満たす民間の喫煙場所を指定喫煙場所に指定します

※ルールや指定喫煙場所、民間の喫煙場所補助制度等のお問い合わ

 せについては、環境政策部環境計画課 ☎ 5432-2272

 ☆等々力駅ホームドア設置のため工事が行われています。

         【 工事期間 】2020年3月まで(予定)

 ☆まちづくりセンター 証明書自動交付機が廃止となります。

 平成32年(2020年)1月以降、システムの技術的サポートサポートがなくなること

  や、マイナンバーカードを活用したコンビニ交付により証明書の取得が可能である

 ことの理由から、平成31年(2019年)12月をもって現行の証明書自動交付機が

 廃止となります。                                        

 コンビニ交付による証明書取得を促すとともに、証明書発行窓口の混雑緩和の 

 ため、今後以下の方策が順次講ぜられます。                      

 1.カード交付促進の取組み 〇マイナンバーカードへの切り替えの勧奨    

  〇臨時窓口の拡充(カード申請窓口) 平日及び土・日 曜日に5地域を巡回  

   し、マイナンバーカード申請に必要な写真撮影のサービスを含む申請窓口

   拡充する  〇カード申請専用窓口の開設 【期間】平成31年(2019)4月~

   平成34年(2022)3月 平日(11時~19時定)及び土曜日または日曜日 

    【場所】三軒茶屋キャロットタワー2階                         

   くみん窓口、出張所窓口の受付拡大 予約制の枠の拡大・交付に要する

   期間の短縮                                        

 2.マイナンバーカードの付加価値向上 〇平成31年度(2019)中を目途に、コ

   ンビニ交付で取得できる証明書に戸籍証明書を追加する。           

 3.証明書発行窓口の混雑解消 〇くみん窓口、出張所の体制強化 〇休日・ 

   時間外窓口の充実の検討 〇KIOSK端末の設置(自働交付機にわって) 

 4.まちづくりセンター窓口の充実 〇支所内、出張所併設を除くまちづくりセン

   ターにおいて、証明書作成・審査を担う部署との連携のもと、庁内ネットワー 

   ク・FAXを利用した発行取次サービスを行う            

 ☆野毛町公園拡張事業の基本的な考え方、基本計画が策定され

  ます。

(1) テーマ 「世田谷の先人たちを育んだ豊かなみどり、歴史文化を知り、育み、

             次世代へつなぐ場」みどり(生物多様性の拠点)・歴史文化の拠点

  (2)     考え方   〇みどりとみどりをつなぐネットワークづくり 〇歴史・文化を感じられ

             る 空間づくり  〇安全安心の公園づくり 

 (3)    公園計画の視点   〇対話による公園づくり (住民協働・官民連携を進める)

       〇対象地と周辺環境 (隣接する等々力渓谷公園を一つの拠点としてとら

     等々力駅や多摩川など周辺の地域資源との連続性、回遊性を意識する)

    〇公園施設整備 (みどりと歴史・文化の普及啓発、体験や学習の場、住民協働

     等の活動に必要な機能を有する施設整備を検討する) 

【スケジュール】   〇平成30年11月 基本計画素案の報告 

          〇平成31年2月  基本計画案の報告・ 基本設計

                   〇平成32年  実施設計  

                 〇平成33年  起工、工事  〇平成35年  工事、開園


平成30年 第2回定例会 一般質問

1.ふるさと納税対策について(ふるさと納税の返礼品に工夫を凝らし、

  商店街の振興と絡めた視点で取り組むべきでは)

2.東急大井町線の踏切解消に対する区の考え方(悲惨な人身事故を無くす

  ためにも、地下化の早急な実現を都に働きかけるべき)

3.マイナンバーカードの普及と区民への情報開示につて(証明書自動発行

  機の発行業務終了時期の周知徹底とマイナンバーカードの普及促進)


平成30年 第1回定例会一般質問

1.公共施設使用料の見直しに伴う減免の考え方について

  (少年少女の団体及び障害者団体)

2.将来を見据えた公共施設の配置計画(改築を含む)について

3.多摩川河川敷の整備について

4.下北沢小学校スクールバス導入の考え方について

平成29年 第4回定例会一般質問

1.野毛大塚古墳と野毛公務員住宅跡地の整備について

2.障害者関連事業の現況と梅ヶ丘拠点整備後の機能移転に関する区の考え

  方について(高次脳機能障害)

3.姉妹都市交流と東京2020大会 アメリカチームのホストタウンについ

  て(ウイーン ドゥブリンク区)


平成29年 第3回定例会・決算特別委員会

一般質問

1.みどりの基本計画における外来種・野生生物の対応について

2.防災協定と区内業者との平時の対応について

3.多文化体験コーナー等の整備・活用ついて

決算特別委員会(企画総務所管質疑)

〇マッチング事業のさらなる推進について

〇自治体間連携の推進について

〇町会・自治会に対する個人情報保護の啓発について

決算特別委員会(補充質疑)

〇改正個人情報保護法の全面施行に伴い適用対象となる町会や自治会への対

応について

〇エフエム世田谷の認知度向上に向けた創意工夫について

〇解体予定の公共施設を活用した防災訓練の実施について


平成29年 第2回定例会一般質問

1.殺処分ゼロに向けた命の大切さをふまえたペットの購入について  (ケージ販売の自粛及び里親探し、譲渡会のPR及び啓発)

2.若者支援対策について(引きこもり前の予防対策の強化)

3.防災対策について(自助・共助の地域力のアップ)

平成29年 第1回定例会・予算特別委員会

代表質問

1.平成29年度予算について

2.実効性のある行財政改革について

3.税外収入の確保について

4.本庁舎整備について

5.安心して暮らせる魅力的な街づくりについて

6.姉妹都市交流の充実について

7.地域包括ケアシステムについて

8.切実な子育てニーズへの対応について

9.若者支援施策について

10.教育政策について

予算特別委員会(総括質疑)

〇行政経営改革の視点が不十分な29年度予算案について

〇区営住宅管理条例などの改正案が閉会中の継続審査となったことに対する

 区長の見解について

予算特別委員会(補充質疑)

〇路上喫煙防止に向けた喫煙施設の整備及び禁煙教育の推進について

〇民泊に係るトラブルの防止に向けたルール策定について

〇他自治体との連携の推進について


決算特別委員会の主な質問の主な質問

決算特別委員会(総括質疑)

〇都知事選挙立候補者の推薦に対する一貫性のない区長の姿勢について

〇世田谷区の政令指定都市への移行に対する区長の見解について

〇三軒茶屋地区の再開発の推進について

決算特別委員会(企画総務所管質疑)

〇大井競馬場の冠レースを活用した世田谷のPRについて

〇世田谷の歌を活用した区民の郷土愛の醸成ついて

〇実践的な危機管理訓練の実施について

〇適正な工事予定価格の設定に向けた工夫について

決算特別委員会(補充質疑)

〇三軒茶屋地区の再開発の推進について

〇議長公用車の運転業務の民間委託について

〇危機管理体制の強化に向けた退職自衛官の活用につて

〇世田谷の歌を活用した区民の郷土愛の醸成について

〇災害時に飼い主とはぐれたペットを適切に保護するについて


身近な地域レポート

〇本庁舎の改築について
一般区民を交えた検討委員会が設置され、7月に6回に渡る議論を重ねた会議が終了、その報告書が区長に提出され、現在基本構想素案を作成中。本年12月に基本構想が提示され、その構想を基に来年度初めに設計業者の募集、選定、その後決定された業者により、基本設計、実施設計、実施計画、建て替えに進んでいきます。庁舎の規模は53,000㎡、建築期間 5年 約400億の経費を想定しています。
このような流れの中で、現在、区長の一部保存の主張と議会側多数の全面改築との議論の接点がまだ見えないため、区長の景観と保存ありきが優先された改修で進められないように、まずは将来に向けて防災、機能、経費が優先される改築となるよう平成32年竣工に向けて、予算の可否だけではなく何れかの段階で改築案について議会側の声が関与できるよう、様々な手法を視野に入れて検討中です。
〇玉川総合支所改築について
平成29年9月より各所管の引っ越しが行われます。 新庁舎開設までの期間の業務は、総合支所機能が旧玉川高校の仮設庁舎で、等々力出張所・街づくりセンターの機能は、等々力2丁目 大井町線線路際の都下水道局の空き地に設置される仮設庁舎へ移転となり行われます。 新庁舎の開設は、平成32年度のGW明けごろの予定です。
〇野毛公務員住宅跡地について
都市公園として国、都の補助金を活用して跡地を区が購入し、玉川野毛町公園の拡張として整備します。
平成29年度から、建物解体、埋蔵文化財調査が行われ、平成33年度から公園整備が開始、平成35年度公園開園となります。また一部敷地を活用して、平成31年開園予定の私立認可保育園が整備されます。
〇バス交通(等々力~梅ヶ丘)について
昨年度、試験運行が実施され、本年度の予算に本格運行実施の予算が計上され、12月までには運行が開始されるとの説明でありましたが、運行業者と協議がまとまらないため、まだ運行の見通しが立たない状況で来年4月にずれ込む可能性もあるとの事です。 協議状況によっては年度内運行のめどが難しくなる可能性も含んでおります。
〇保育園の整備について
平成30年4月開園を目途に、尾山台3丁目駒八通り沿い(踏切側の洗車場隣)に私立認可保育園が整備される予定です。 区が土地を借上げ、プロポザール方式で事業者を選定し開園されます。
〇九品仏複合施設について
九品仏参道奥にあります現在の街づくりセンターを改築して、まちづくりセンター、あんしんすこやかセンター、社会福祉協議会の一体整備を図り、奥沢地区会館を移転させた複合施設として整備されます。
平成29年度から解体、建設工事が行われ、平成31年度中に新施設の開設となります。
〇2020年東京オリンピックに向けて
世田谷区では、馬事公苑が馬術競技の会場となり、大蔵運動場がアメリカチームの事前キャンプに決定しております。
2020年に向けて、馬事公苑周辺の電線地中化等を含めた街づくり進められます。
また、本年度の補正予算で老朽化している大蔵陸上競技場のスタンド改築が行われ、バリヤフリー化を含めた改修が実施されます。 今後オリンピック開催に向けて、アメリカチームとの話し合いによりいくつかの施設の改修が行われると予想されます。
また、教育分野においてのアメリカチームやオリンピアとの交流等、様々な場面で子どもたちをはじめ、多くの区民にオリンピックのレガシーが感じられる施策を実現して行く予定です

区政の計画の一部を報告させて頂きました。別件でも構いません、ご意見・ご要望等ありましたら宜しくご指導お願いいたします。 ご拝読ありがとうございました。

平成28年 第1回定例会・予算特別委員会の主な質問

代表質問
1.補助54号線の整備の見直しと道路整備に対する基本姿勢について
2.本庁舎整備について
3.平成28年度予算について
4.平成28年度組織改正について
5.断行すべき行政経営改革について
6.総合戦略では見えない区内産業の活性化について
7.自治体間連携の展望及び可能性について
8.オリンピック・パラリンピック以降の施策展開について
9・テロ等の有事に備えた危機管理体制の強化について
10.区民利用施設の利用拡充につて
11.農業の振興による農地保全について
12.子ども・子育て支援について
13.教育政策について

予算特別委員会(総括質疑)
〇自然エネルギーの普及に係る区の関与のあり方について
〇補助54号線2期3期区間の着実な整備について
〇一部改築による本庁舎整備の場合に必要となる調査経費が計上された28年度 予算案への疑義について
〇全面改築による本庁舎整備について

予算特別委員会(補充質疑)
〇社会的包摂という評論家の様な言葉で表現された平成28年度予算案について
〇区長が補助54線2期3期区間を優先整備路線から外す方針を決めた理由につ て
〇公費によるポートランド視察の報告会を自身の政治団体へ優先して行った区 長の姿勢について
〇本庁舎のトイレの早急な改修につて
〇入札に係る積算業務の制度の向上について

Copyright(c)    世田谷区議会議員 山口 ひろひさ   All Rights Reserved.